檻の中のライオン 講演会

出版労連結成60周年記念イベント

出檻の中のライオン 講演会

-楽しくわかる憲法のお話し-

♡ 日時 10月21日(日)14:15~17:00/開場14:00

♡ 会場 一ツ橋センタービル / 千代田区一ツ橋2-4-6

♡アクセス           ♡小学館本社ビルの裏側

都営三田線&都営新宿線&東京メトロ:神保町駅(A8出口1分)

東京メトロ東西線:竹橋駅(徒歩7分)

♡ 講師 楾(はんどう)大樹弁護士(ひろしま市民法律事務所)

 

 パペットを使って、楽しくわかりやすい憲法のお話し。お子さん連れで気軽にご参加ください。

 権力を憲法で縛る立憲主義を「権力」=ライオン、「憲法」=檻のたとえ話で憲法を楽しくわかりやすくお話しします。 私たちはみんな、同じ人間。みんな人間らしく、自分の価値観を大切にして、幸せに暮らしていきたい(天賦人権、個人の尊重)。そのために、政府に政治を任せよう(社会契約)。政府は、とても強い力(権力)でみんなを仕切ってくれる、頼りになる存在。つまり、百獣の王ライオンのようなもの。しかし、とても強いだけに、暴れたら誰にも止められない(権力は濫用されがち)。だから、ライオンを檻(=憲法)に入れておこう(立憲主義)。私たちを守るための檻だから、私たちがしっかり作っておこう(国民主権)。ライオンも私たちが選ぼう(民主主義)。

 

日本出版労働組合連合会

出版労連結成60周年記念実行委員会

〒113-0033 東京都文京区本郷4-37-18いろは本郷ビル2F

Tel.03-3816-2911 / Fax.03-3816-2980 / rouren@syuppan.net