メーデーに参加して

 2016年5月1日の第87回中央メーデーは、久々の日曜日でしたので、参加するユニオンメンバーも多く、52人、全体では3万人以上でした。今回のスローガンは「働くものの団結で生活と権利を守り、平和と民主主義、中立の日本をめざそう」ということで、例年よりも立憲主義や安保法制反対などの政治や民主主義について強くアピールした主張が多いような気がしました。また、例年いろいろな題材でデコレーションしているトラックも、今回は安倍政権にかかわるものが目立ちました。

 出版労連やユニオンの旗以外にも、傘下の出版社の旗も多く挙げられていて、メーデーが労働者のお祭りだと改めて実感しました。

 ユニオンの北部支部は、ヘリウムガスの風船でスローガンを掲げてパレードしようと企画し、前日、有志で準備しました。メーデーの会場でヘリウムガスを入れたときは大丈夫だとは思ったのですが、行進までにヘリウムガスの効果が薄れて、思ったよりも風船が上がらずちょっと残念でしたが、初めて参加したメンバーとも交流ができ楽しかったです。

 来年のメーデーは月曜日ですが、来年も多くのメンバーが参加できるといいと思いました。

北部支部 山本敦子